Wokandapix / Pixabay
スポンサーリンク

 

これまで心理学にたくさん触れてきたけど心理学を専門的に扱う職業はどんなものがあるの?

と思っている人も多いかと思います。

今回は心理学の知識を必要とする職業について触れていきたいと思います。

ココロ婆さん
待っていたよぉ〜

心理学を扱う職業とは

これまでの記事にも書いてきましたが、心理学とはズバリ人の心を理解する学問です。

需要はまだそこまで高くはないものの、心理系の専門職を取り入れる企業や団体は増えてきています。

心に問題を抱えるひと、強いメンタルを維持しなければならない人、発達障害を抱えている人など心理学を扱う目的は様々ですが、すべての内容において心で悩んでいる人を救うということだけは共通しています。

アメリカではカウンセラーはとても需要のある職業になっているのでこの先日本でも心理学を扱った職業の需要は増えていくかもしれません。

ココロ婆さん
外国ではとても身近なものなのよ〜

スポンサーリンク

心理学の知識を扱う職業

心理学をの知識を扱う職業は多くありますが、その中でもよく耳にするであろう職業を紹介していきます

  • カウンセラー
  • 精神科医
  • 精神保健福祉
  • 公認心理師
  • 臨床心理士
  • 臨床発達心理士
  • メンタルトレーナー
  • 研究職

 

 

カウンセラー

 

カウンセラーとはその環境で起こっている問題、進路や働き方などで悩んでいる人と対話し、本人が自発的に問題解決出来るようにサポートしていく職業です。

 

働く場所によって仕事の内容が変わるのでそこにも触れていきます

 

スクールカウンセラー

学校などの教育機関において校内のいじめや日常生活、進路などの悩みを抱える生徒と対話し抱えている問題を生徒自ら自発的な解決に導く仕事です。

 

産業カウンセラー

企業・行政・団体で働く人たちの悩みやハラスメント・人間関係、働き方などに関する問題に関わるカウンセラーです。

現場で行動するカウンセラーとも言われ現場でカウンセリングを行うこともあります。

 

キャリアカウンセラー

学校や企業などでキャリアに関する問題に関わるカウンセラーです。

仕事に関わる対話をすることで自分にはどんな仕事が向いているのか、何処にやりがいを感じるのか自分の価値はどんなところなのか等の問題を自発的な解決に導く仕事です。

 

資格が必要な仕事

 

資格が必要となってくる職業もあります。

 

精神科医

精神病院や総合病院の精神科で精神に問題を抱える人や、精神疾患、依存症などの診療・治療を行います。

また精神疾患の予防や精神衛生の普及など、精神疾患をみぜんに防ぐための業務も行います。

 

精神保健福祉士

病院や福祉施設で障害を持つ方や家族の相談に対し、アドバイスや援助を行います。

近年においては企業のメンタルヘルス問題や、職場復帰支援などの職業リハビリテーション分野での活動も増えています。

 

公認心理師

医療、教育、産業、福祉、司法の5つを対象に心理学の知識を活かし心理調査、心理療法、カウンセリングや心理的支援を行います。また心理教育ためこれらで集めた情報をもとに提供・教育を行います。

 

臨床心理士

医療や福祉、教育や産業など幅広い場所で活躍する様々な心の問題を解決する仕事です。また信頼性が高いため他の心理系の職業と連携を取って問題を解決することもあります。

 

臨床発達心理士

児童相談所や学校、福祉施設で活躍しADHD、ひきこもり、不登校、自閉j症などに特化した心の問題を解決する仕事です。

 

メンタルトレーナー

 

メンタルトレーナー

とる資格によって名称が変わるため、様々な名前で呼ばれますが基本的な業務内容はほとんど一緒です。

心理学に基づき、メンタル面を向上させることでクライアントが最高の結果が出るよう精神面のサポートをする仕事です。

 

研究者

 

心理学者

大学などの研究機関で心理学に関する研究業務を行います。

 

 

ココロ婆さん
公認心理師は最近出来た国家資格を必要とする職業なんじゃ

スポンサーリンク

まとめ

心理学を扱う職業についていかにまとめますていきます

  • 心理系の専門職を取り入れる企業や団体は増えてきている。
  • カウンセラーはカウンセリングする場所によって求められるものが違う
  • 心理系の職業は増えてきている。

 

ココロ婆さん
時代に合わせて変わっていくのねぇ〜

スポンサーリンク
おすすめの記事