Free-Photos / Pixabay
スポンサーリンク

 

誰しも社会に属して暮らしているかと思います。

  • 家族という社会
  • 会社という社会
  • 学校内での派閥の中での社会

集団社会に属していない人などいません

 

 

大学や高校を卒業し、働き始めてからが社会人とされますが、子供でも赤ちゃんでも、誰もが集団社会の中で生活しています。

この社会心理学は、そんな集団社会で人々はどう感じ、行動するのかを研究している心理学です。

 

 

対象範囲は、個人から組織、群衆、国民全体までに至ります。

何が流行りバズり人々は何を好き好んで行動するのか

それを明らかにするのが社会心理学です。

 

 

聞く人によってはとても恐ろしいと感じるかもしれませんが、正しく利用すれば、自分の身を守ることにもつながります。

国が社会心理学を悪用すれば、国民を好き勝手コントロールすることも可能です。

 

 

自分自身、誰かにコントロールされてしまう前に......

なんてことは冗談ですが社会心理学を学んでおいても損はないのではないでしょうか?

 

ココロ爺さん
この記事では社会心理学の基礎知識、どのような場面で使われるのか等を説明するぞ!

 

社会心理学とは?

社会的行動についての諸現象を研究する社会科学の一分野

社会的環境におかれた個人や集団が、どんな条件でどのような行動を示すのかを科学的に検証し研究している心理学門です。

 

例をだすと小学校や中学校、高校では、スクールカーストというものがあります。

スクールカーストとは、学校内での人気影響力の序列をヒンドゥー教における身分制度に当てはめて表したものです。

 

 

1軍,2軍,3軍と表記し、数字が小さい方が上の立場になっていきます。

基本的には、

  1. 不良系,ギャルグループ,メジャー系運動部
  2. 吹奏楽部などの文化系最上層,マイナー運動部系
  3. オタク,がり勉,運動音痴,

 

という風に言われており、自分がどの階層にいるのか?ということでSNS上で共有されたりしていました。

 

 

社会心理学では、このようなスクールカーストの中で、それぞれがどんな動きや行動をするのかを予測したりします。

使い方によっては、2軍から1軍に上がるためにはどうしたら良いのか?等も導き出すことも可能です。

 

 

ココロ爺さん
スクールカーストがないのが一番なのじゃが......

スポンサーリンク

社会心理学はどのような場面で使われるのか?

人が集まることが予想されるイベントでは、社会心理学を参考にプロジェクトを立ち上げたりします。

箱根駅伝,花火大会などがそれに該当します。

 

 

近い将来では、東京オリンピック2020でも社会心理学は非常に参考にされるでしょう。

日本へ大勢入国することが予想されるため、どのような対策を練ればトラブルを抑えることが出来るのかできるのか社会心理学に基いて考案している最中でしょう。

 

 

ココロ爺さん
気が付かないところでわし等を守ってくれているんじゃなぁ〜

スポンサーリンク

まとめ

 

社会心理学をまとめてみると、以下のようになります。

 

  1. 社会的環境下におかれた個人,集団の行動を予測する心理学
  2. 悪用してしまうと非常に危険な心理学
  3. 世の中の治安を維持するためには必要不可欠な心理学

 

東京オリンピック2020では、治安の維持はどうするのか…社会心理学はどう活用されるのかチェックですね!

 

 

ココロ爺さん
少し頭の片隅に入れておいて、テレビを見てみると面白いかもしれんぞ!

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事