pixel2013 / Pixabay
スポンサーリンク

 

皆さんは、心理学という言葉の中でも教育心理学という分野があるのはご存知でしょうか。

心理学は大きく分けて基礎「応用」の2分類あり、その中でも「応用心理学」の分野に教育心理学は属しています。

 

 

実は、今回解説する「教育心理学」は、全ての大人が学んでおいて欲しい学問になります。

教育心理学とは、子供が大人になる際の心の変化などを研究する学問でもあります。

 

 

もしもその教育心理学を全く勉強していない大人が、小学校、中学校の先生だったらどうでしょうか?

多感な子供は「自分の心を全く理解してくれない、自分がダメなんだ」と卑下するようになり、非行的な行動に走る可能性もあります。

 

ココロ爺さん
今回の記事では、そんな子供の心の成長を研究する学問教育心理学」について詳しく解説していくぞ

教育心理学とはいったい何なのか?

教育心理学とは、乳児期から青年期にかけてどのように人間の心が発達,成長していくかを研究する学問です。

 

発達というキーワードが出てきましたが、実は心理学には発達心理学という学問もあります。

ややこしいですが、決定的に違う所は「教育」に関わる部分に特化しているかどうか。という所です。

 

 

教育心理学について様々な定義がなされていますが、

人間形成に関する原理と方法」を研究対象としているのが教育心理学

こうとらえて、まずは間違いないでしょう。

 

 

近年「人間力」などという言葉が流行っていますが、人間力を高める事ができるような教育にも効果的です。

ココロ爺さん
つまり子供とどう接し、どう教育していったら良いのかを考える学問なんじゃ

スポンサーリンク

教育心理学は全体の中でも「子供の成長」に注目した学問

先ほども述べていますが、「教育心理学」は子供が大人になる際の心を研究する学問です。

数ある分野のうちの1つ…として小さく見られがちですが、実はそうでもないのです。

 

 

誰もが「幼少期」を経験し少年期、青年期と時間とともに成長してきたかと思います。

あなたは気付いていないないだけで、数々の教育心理学の研究の上で育ってきています

 

 

小学校の先生、中学校の先生の教え方にも、教育心理学で研究されてきたエッセンスが詰まっています。

 

ココロ爺さん
わしの小学生はなんねんまえかのぉ
スポンサーリンク

いじめや環境問題への対策を考案する

では、教育心理学では具体的にどのような研究をするのか?

簡潔に言ってしまえば、「いじめ」や「環境問題」です

  • どのような環境であれば、勉強に専念することが出来るのか
  • カースト制度が生まれる学校社会でどのように教育していけば良いのか
  • 「いじめ」を防ぐためにはどういった教育をしていけば良いのか
  • 「いじめ」が起きた際はどのような対処をすれば子供の心を傷つけずに済むのか

 

皆さんがイメージしやすいのは、このような点でしょうか。

思い出してみてください、小学校や中学校の廊下のポスターには、「いじめ、ダメ、絶対」などのフレーズが書かれているものがありませんでしたか?

教育心理学では、学校でどのようなポスターを貼れば良いのか等も研究されています。

 

ココロ爺さん
身近なところにも教育心理学が活かされているんじゃな〜

 

近年の教育心理学

従来の教育心理学では、以下の領域が主な研究対象でした。

  • 発達
  • 教授
  • 学種
  • 人格
  • 適応
  • 測定
  • 評価

この7つです。

しかし、近年では学校社会で生まれるカースト制度問題も取り上げ

  • 集団・人間関係
  • 臨床・障害

この2分野への研究も重要視されるようになってきています。

ココロ爺さん
教育心理学は時代に合わせて、研究分野を変えていく必要があるんじゃな

 

教育心理学とは全員が知っておかなければいけない学問

ここまで解説するとおのずと分かってきますが、この教育心理学」というのは大人全員が知っておかなければいけない学問です

子どもの発達過程に理解をもつために教育心理学を学び、そして理解したうえで子どもを成長させていく。

ココロ爺さん
子どもの成長を阻害し押さえつけるような教育をしないためにも、大人全員が知っておかなければいけないんじゃな

 

まとめ

教育心理学について簡単にまとめると以下のようになります

  1. 子どもの「心」の成長過程にフォーカスした心理学
  2. 時代に合わせて研究分野を変えており、現在は集団心理学にも関わっている
  3. 子どもの成長を阻害しないためにも、大人全員が知っておかなければならない学問

ココロ爺さん
教育心理学をこれから勉強する人や勉強する予定のある人は、自分がこれからどう子どもと関わっていくのかをイメージしながら研究すると、より実践的な教育心理学が学べるぞ!

スポンサーリンク
おすすめの記事